最後の便り

 べレンを発った。

 ブラジリアに向かい一泊。ブラジリアは空の広い街だ。数十年前に砂漠の中にポンと首都を遷都したわけだから、思い切ったことをする。樹木の様子がべレンとはちがう、空の色がちがう(べレンは雨と晴れしかない。私のいたブラジリアの1日は曇りだった)。
 それから、サンパウロの友人の家に一泊。着いてすぐ、彼らの話し方が小鳥のさえずりのように聞こえた。パラの話し方と明らかにちがう。いろんなものを見て、体験して、ブログにも書いてきたが、それはパラ州のあり方だったと思う。サンパウロでは「時は金なり」で、時間にきっちり、みんな夜遅くまで働き、より日本ちかい感じであるという。

 日本の23倍の国土だから、まるでちがう文化がいくつもあるのが当然だ。「ブラジルは・・・」はととてもひとくくりにできないなぁと思う。また、私はブラジルの闇の部分をあまり見ていない。きっとこの国は闇の部分も黒々奥深いところなのだろう。

 アマゾンの食卓で書き残したのは、「タカカ」「バタパ」「カルル」といった、道端の露天でよく売っていたパラの伝統料理、「ファリーニャ」「ツゥクピー」といった食卓にいつも登場していろんなものにかけて量や味わいを増してくれるもの(日本に持ち帰ろうと荷物に入れたが、トランクのふたが閉まらず泣く泣く置いていった)、カイピリーニャという抜群においしいがアルコール度数の非常に高い危険な酒に新鮮な果物ジュース...こう書いていると、もう飲み食いできなくなるかと思うと本当になごり惜しい...。

  ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・    ・     ・    

 ブログをのぞいてくれた皆さん、ありがとうございました。筆が重い私は、他の人が読むというプレッシャーがなければ、続けられなかったと思います。書くことで、日々の生活を丁寧にみることができました。
 
 これにて「ブラジル便り」は終了です。
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-27 01:40

サンバ学校

 帰国の日が間近になった。週末はアパート引き払いのための荷物整理に追われた。

 夜になると、外から賑やかな歌声と太鼓が響きだす。毎週末、夜になると繰り広げられたサンバ学校の練習。私の部屋から見る下ろせる会場は体育館のようなかんじで、最初はコンサートを行っているのかと思っていたが、プロにしては歌はかなり下手である。
 ある時それがサンバ学校だということがわかった。いい感じだったら入れてもらおうかと見に行ったら、あんなに大音響をあたり一帯に響かせているのに、バンドメンバー4名と家族らしき人が数名見ているぐらい。拍子抜けだった。カーニバル近くになるとだいぶ人が増えるらしい。

 それにしても、ブラジル人は音に関して寛容だ。夜中に大音響はサンバ学校だけのことではない(私の隣人も品のよい女性だが、壁を震わせガンガンやる)。眠れなくて困っている人もかなりの数いるようで、ベレンのカーニバルをやめてしまえ!という声もあるという。

 でも、村のフェスタに行ったり、ダンスのフェスタに行ったりしているうちにわかってきた。ここの音楽は「腹」で聞くのだと。腹にズシンズシンと響くのと、そうでないのでは音楽の与えてくれるものが別のものだ。踊るにはズシンとこないとはじまらない。

 サンバ学校の調子ぱずれの歌声も、今はとてもいい思い出だ。
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-23 13:31

タバコ

 タバコの箱のラベルがすごい。歯茎から血がでていたり、肺がまっくろだったり、足が切断されていたり...メーカーを問わず、とのタバコも裏面は恐ろしい内容だ。

 タバコを吸っている人をあまりみない。かなり強力な禁煙キャンペーンが行われていると聞いた。このラベルの効果は思った以上に高そうだ。

                 <写真は、各種タバコの裏のラベル>
c0089474_123343.jpgc0089474_12333943.jpg
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-22 12:34

アマゾンの食卓 その4/日本食

 ベレンは日系人が多い。だから日本食には困らない。

 私のアパートの前にある大型スーパーでは、味噌、梅干、醤油、豆腐は普通に手に入る。食事がとれるコーナーでは、ブラジル人の寿司職人が寿司を握っている。外国人は生魚を嫌がるというが、ブラジル人もいっぱい注文して繁盛。サーモンはうまい。マグロはまずい。得体の知れない具の巻物もある。

 日系人が経営する食堂も多い。「IZUMO」の肉たたき定食などはニンニクがビシリときいてとてもおいしい。天麩羅は日本だったら2本ぐらいついていないエビが山盛りくる。これをがんばって食べてしまうと、もう一年ぐらい天麩羅はいらないという気分になる。

 店で出されるラーメンはインスタントラーメン。のびきっているが、なつかしいかんじ。アマゾン河の茶色の水でラーメンをつくってくれた人もいるが、その後腹の具合がいまひとつだった仲間もいる。

 そして、ブラジル人にも大人気で、ベレンの食の中での確固とした位置づけを確立しているのが「ヤキソバ」。味は日本のヤキソバに全くひけをとらないし、圧倒的な量を誇る。

  <写真は、アマゾン特製ラーメンしこみ中&「OK yakisoba」のYakisoba普通盛り>c0089474_18485691.jpg
c0089474_18523184.jpg
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-20 18:57

仕事の仲間

 アマゾン群馬の森(日系移民でつくられた群馬県人会と日本の群馬県民が募金などをして購入した540haの熱帯雨林)のフィールドガイドをつくっている。そのイラストを描いているのが、ここの施設で以前トレール整備など下働きをしていたプレットだ。

 トレールにあった彼の自作の立て看板が素朴なセンスがあって感じがよかったのでイラスト担当に抜擢。群馬の森で書いたという詩もなかなか素敵で、パンフの表紙に入れることにした。2ヶ月間、毎週宿題を出しては、それをチェック、また次の宿題...を繰り返し、全部で7種類のパンフレットが完成間近だ。プレットは24色の色鉛筆セットを新しく購入しはりきった。私は毎週届く彼のイラストをとても楽しみにしていた。

 彼は、フリーランスというのか、失業しているというのか、その時々にくる仕事と失業保険で生活しているらしい(ブラジルの社会保障は予想外に手厚いもので、年金やら保険やらが整っている)。30代で高校に通い、子どももいる。才能はあるのにこのままでいいのか...と若干心配しているが、来年にはある島で芸術と環境をテーマに小さな学校を開くというプロジェクト計画があるようだ。そして将来は地域の政治家になるという話していたという。

 パラ州は失業者だらけだが、なぜか悲壮感はなく、ごく自然体で失業している。時々入る日雇いの仕事や社会保障で、それぞれなりに生活に満足したり、夢をもったりしている印象。労働者が目を離すとすぐさぼる...とぼやく日系の農場主も、「でも彼らはいいよ。少しお金をもらって、それで満足して幸せそうだ」と話す。プレッシャーの中で日々猛然と働き、リストラされて追い詰められてしまう人が続出する日本の今ととても対照的だ。

 私の帰国がせまり、イラストもほぼ完成したので、「あなたのおかげで素敵なパンフレットになった」と、お礼を述べた。彼も嬉しそうに「締め切りに間に合わすということを考えながら仕事をすることを新しく学んだ」という非常に日伯共同の活動らしいコメントをくれた。

               <写真は、プレットと遊歩道のパンフレット>
c0089474_2014230.jpgc0089474_20143612.jpg
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-19 18:33

ちょっとしたズル

 「ジェイチーニョ/Jeitinho」という言葉がある。「なんとかうまくやる」というようなニュアンスらしい。

 私の日本人の友人は、マラジョー島に向かう船の切符を買う時の話。あまりの長い行列で、これは乗れないかもしれないと察して、「私たちは遠い日本から新婚旅行できた。どうしてもこの船に乗らなくてはならない(実は仕事でブラジルに長期間滞在している)」と乗り場のスタッフらしき人に交渉したところ、前の方に並んでいる人とやりとりして「一緒にチケット買ってくれるということだから、昼食代ぐらい出せるか」ということになったそうだ。これが彼のはじめての「ジェイチーニョ」だったとのこと。

 地元サッカーチーム「パイサンドゥ」の熱心なファンで、チームの試合に通いつめるオンジさんは、サッカー会場の駐車場に入るときに、「おれは●●の兄弟だ」とホラをふく。●●はこの会場の経営者かなにかとにかく偉い人、そしてオンジさんは日系の事業家らしい堂々とした風格をもち、そそうがあってはならない..という印象をあたえる。いい場所に案内してもらえるといっていた。

 おもしろいのは、こういうちょっとしたズルに、みんなあんまり怒らないということだ。銀行などで長蛇の列をなしているところに、後から入ってきた人が銀行の窓口と友人関係だったりして、「やぁやぁ」という感じで先に手続きをすませても、「なんだけしからん!」というよりは「銀行に友人なんていてすごいなぁ(僕も友人つくりたいなぁ...)」というかんじとのこと。 

 こういう考え方なら、何事もストレスが少なくていい。しかし、これが汚職天国のブラジルの土台をつくっているともいえる...
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-19 18:14

うれしいもてなし

 ブラジルのいくつかの家庭を訪ねた。どの家もいろんな人が出たり入ったり。叔父だ、兄だ妹だ甥だ従妹だ...と、親戚の行き来がかなり多い印象。そもそも兄弟、姉妹が多いので、結果親戚も多くなり、また親戚同士が近所に暮らしているので出たり入ったりが日常のことなのだ。だから、私が加わってもちょっとひとり増えた感覚で、日常の一コマにまぜてもらった感じ。

 食事をして、少しおしゃべりして一息つくと、決まって聞かれる。「ハンモックしたい?」
 ちょうど食べ物がお腹に達して、ゴロンとなりたいなぁという頃がハンモックタイム。ハンモックがないときは、ベッドの上でゴロゴロ。時には2時間も眠ってしまったこともある。

 日本では、よほど親しい相手でない限り、遊びにいって昼間から何時間も寝てしまうなんてちょっと考えられないが、ゴロゴロタイムは日本にも普及したい本当にうれしいもてなしだ。

                  <写真は、私の部屋のハンモック>
c0089474_1151368.jpg

[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-16 11:53

マクドナルド

 ナザレ教会のそばにマクドナルドがある。ほとんどの店が冷房などなく、吹き抜け状態の中で、冷房完備の広々とした明るい店構え。商品も外のスタンドで売っているハンバーガーやジュースより割高で明らかにハイソである。

 トレーにしかれている紙の今月のテーマが「いかに地球を救うか。シンプルライフを実践しよう!」。マッチ棒をポイ捨てしたら自然にもどるのに6~12ヶ月、タバコの吸殻は5年、ビンの蓋は150年、プラスチックのコップは200~450年...そして、エネルギーを節約するための様々な日々の工夫を読みやすいイラストで掲載していて、ハンバーガーを食べながら見入ってしまう。かなり説得力のある内容だ。

 ベレンのゴミはヒドイ。スーパーに行くと、ちょっとの買い物でビニール袋が山になる。イベントがあると、そのあたりはゴミだらけ。ゴミ清掃の人がせっせと掃除している。水は全部ペットボトルで出てくるし、環境系の役所に行ってゴミ対策をどう考えるか...と投げかけた日本人専門家は、現地の行政はあんまりピンときてない感じだったと漏らす。

 そんな中で、ゴミ問題をトピックとしてアピールしているのを私が見たのははじめてだった。環境の敵、アマゾン熱帯雨林を消滅させる牧場づくりの元凶と責められるマクドナルドの予想外のアプローチ。翌月はどんなトピックとテーマにしているか、食べに行きたくなってしまった。
 そして帰り際、使い捨てコップと紙ナプキンを大きなゴミ箱に捨てた。マックのワナにはまっているのかも...

               <写真は、マックのトレーにしかれていた紙>
c0089474_842530.jpg

[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-15 08:05

刑務所

 仕事をしながら学校に通う人が多い。私のワークショップの参加者のサンタバーバラ郡の校長先生4名は全員近くにできた大学の大学院に通っている。英語教師のイラセマは今マスター論文の執筆中。エスコーラボスケ(森の学校)のエコツーリズムのテクニカルコースも10代後半の若者から老年のおじさんまで、年齢関係なしに学んでいた。そのコースの先生であるカルロスも来年マスターに挑戦するという。
 働きながら学びやすい体制があると同時に、ブラジルは圧倒的な学歴社会というのが背景にあると思う。

 たとえば刑務所。大学出は個室でキッチン、冷蔵庫、TV完備と聞いた。そうでない人は5~10名の大部屋。冗談かと思って何人かに「ホント?」と聞いたのだが、「そうなのよ。へんなのよ~」との返事。学歴がなくて犯罪を起こす人より、学歴もあって犯罪を起こす人の方がもっと悪いと思うけど...すごく変だけど、みんな文句もいわず笑ってる。
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-14 05:59

アマゾンの食卓 その3/河の幸

 市場に行くと河魚がいっぱい。世界最大の淡水魚ピラルクー(体長2~3m)は、薄く切って塩をつけて干したものがトイレットペーパーみたいにぐるぐる巻きで売られている。これは塩抜きしてもかなり辛いらしい。私は生をカラッと揚げたのを食べたが、これはいける。ナマズもうまい。魚を主体とした水炊きのようなカルデラーダと呼ばれる鍋は、海の白身魚でつくってもいけそうな、日本人好みの逸品。

 そして、なんといっても一番のおすすめはカランゲージョと呼ばれるドロガニ。マングローブ林の泥の中に手または簡単な道具をつっこんで引きずり出して捕まえる。塩茹でにしてトキトキと呼ばれるミニまな板と小槌のようなものでトントンたたいて食べる。日や場所によってあたりはずれがあるが、当たったときは、殻からはがすのに疲れるまで6~7匹、ず~っと食べ続けたく、無言でトキトキ作業に励む。産地のブラガンサの市場では14匹セットで5R(250円)で売っていた。ベレンだと一匹1R(50円)程度。

 アマパ州のマカパという赤道直下の町に行ったときに、河辺の民の家を訪れた。小さな小船で魚とりをぼちぼちしている様子だったが、家に戻ってきた舟の中は中小の魚でいっぱいだった。台所では山のような小エビの殻をむいている。
 出された食事は、山盛りのエビに魚2~3種、アサイ、ファリーニャ(マンジョッカといわれる芋の繊維を粉にしたもの。パラの人には欠かせないもの)。これは「私たちのために特別なの?」と聞いたら、「いつもだよ」との返事だった。
 アマゾンは飢餓のない貧困といわれる。大変貧しいといわれる河辺の民の食卓は思いのほか豊かだった。

     <写真は、ブラガンサの市場のドロガニと河辺の民の収穫> 
c0089474_17155100.jpgc0089474_17154395.jpg
[PR]
# by pengy-pengy | 2006-10-13 17:29